パーソナルトレーナーの姿勢改善専門店「ノームコアトレーニング」

猫背のデメリット「上半身スタイル崩れ」

上半身スタイル崩れ

スタイル崩れの本当の原因は「姿勢の崩れ」

猫背になることで、背中は丸まり、巻き肩になり、頭は前に移動します。

特に女性は、猫背で背中が丸まり、肋骨が下を向くことで、バストやウエストのラインが崩れてきます。いわゆる寸胴のボディラインになってしまいます。 男性も猫背になることで、肩の位置などがずれてしまい、ジャケットやシャツが似合わなくなります。

くわえて二の腕や背中のたるみにも姿勢が影響しています。

人の身体は、肋骨の上に肩甲骨が乗る構造になっています。そのため猫背で肋骨に悪影響が出ると、肩甲骨にも悪影響が及びます。肩甲骨が動けなくなるので背中や二の腕の筋肉がたるんでしまいます。

つまり猫背で姿勢が崩れると上半身の全体のスタイルが崩れてしまいます。

 

きれいな姿勢と、きれいなスタイル

スタイルをきれいにするために!というと、バーベルやダンベルなどを使ったハードなトレーニングや、有酸素運動で体重を落とすことをイメージする人も多いと思います。

「身体を動かす」ということはとっても大切なのですが、段階を踏んで行う事で、より安全に効果を高めることが出来ます。姿勢が崩れたまま筋肉を鍛えても、バランスの悪いスタイルになってしまったり、ケガのリスクが高まる危険性があります。

つまり、「姿勢」は体の土台であり、これを無視してスタイルの改善を目指すことは「地盤の歪んだ土地に家を建てるのとおなじ。」です。土台が崩れたまま努力を積み重ねてもトレーニングの効果を得られません。

姿勢をきれいにすることが、スタイルをきれいにするために一番大切です。