パーソナルトレーナーの姿勢改善専門店「ノームコアトレーニング」

筋を成長させるホルモンBIG4

 
この記事を書いている人 - WRITER -
パーソナルトレーナー。Normcore Trainingという屋号で、猫背改善を中心にスタイルアップから腰痛・肩こりの改善に向けてフルオーダーメイドのトレーニングを提供します。また、研修や勉強会を通じて教育のシェアリングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

川崎文也です。

=============================

「トレーナーの基礎力が向上する」1日3分の流し読み問題集は

私が学生時代に後輩たちに向けて配信していた

メルマガの内容で、NSCA(トレーニング指導団体)の

教本をもとに作成しています。

分かりにくい生理学や解剖を少しでもイメージしやすいように、

という気持ちで書いていましたが、

今になって読み返すと、なんとも読みにくい文章です。

どうか、大きな心で最後までお付き合いください。

何かお役に立てると幸いです。

=============================

【トレーナーの基礎力が向上する】

1日3分の流し読み問題集no.2

 

問題:

体内で分泌されるホルモンには、筋に対してタンパク質の

アナボリック(同化)な反応を起こすものや、

カタボリック(異化)な反応を起こすものが存在します。

次のうち、アナボリック・ホルモンに含まれないのはどれ?

 

 

A OS-1

B IGF-Ⅰ

C 成長ホルモン

D テストステロン

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

正解:A OS-1

 

 

代表的なアナボリック・ホルモンは以下の4つです。

 

◆成長ホルモン

◆インスリン様成長因子「IGF-Ⅰ」(IGF-1と表記も)

◆インスリン

◆テストステロン

 

これがアナボリック・ホルモン界の『BIG4』です!(勝手に名付けました…)

 

それぞれの簡単な紹介をしていきます。

 

【成長ホルモン】

筋でタンパク合成を刺激し、成長を促す事はもちろん、

肝臓に待機するIGF-Ⅰに出動命令を出す。誰もが知っている、超有名人!

 

【インスリン様成長因子 IGF-Ⅰ】

成長ホルモンの命令を受け、体内に出動する。筋だけでなく、他の場所でもアナボリックな仕事をこなす、オールラウンダー!

(インスリンのような構造をしているらしい。きっと、「インスリンの様な構造をした成長因子」ってことでしょう。)

 

【インスリン】

血糖を細胞に取り込む仕事が有名だが、実は筋でタンパク合成を促す仕事もこなす。

裏の顔は意外と知られていない、影の仕事人!

 

【テストステロン】

男性ホルモンの一種。男性の性徴発現を刺激し、筋にはタンパク合成を促す。

男らしさをつくるには欠かせない、男気溢れる 兄貴タイプ!

 

これらのホルモンを分泌させることが、筋の成長にはかかせません。

では、どうすればホルモンが分泌されるのか・・・?

 

これ以上は長くなってしまうので、今回はここまで!

 

ちなみに、OS-1は所さんのCMでお馴染みの、脱水状態の予防・改善に薦められている飲料でした。

メールマガジンに登録する

メールマガジンではブログでは言えない裏話をこっそりと、お届け中です。

また、体のことや健康に関する知識、ブログの更新情報などメルマガ限定の情報をお届けしています。

この機会に読者登録していただけると嬉しいです。



この記事を書いている人 - WRITER -
パーソナルトレーナー。Normcore Trainingという屋号で、猫背改善を中心にスタイルアップから腰痛・肩こりの改善に向けてフルオーダーメイドのトレーニングを提供します。また、研修や勉強会を通じて教育のシェアリングをしています。
詳しいプロフィールはこちら